遺留分

1、遺留分とは

遺留分とは、相続に際して、一定の相続人に承継されるべき、最低限の割合のことを言います。被相続人は、自分の財産を自由に処分したり、ある特定の人に生前贈与したり、遺言で処分方法を決めることができます。しかし、これを一定の限度で制限するのが遺留分です。例えば「全部を長男に相続させる」というような遺言が残されていた場合に問題となります。
 

2、遺留分の具体的範囲

遺留分は、誰が相続をするかによって異なってきます。

相続人 遺留分
配偶者のみ  二分の一
子どものみ    二分の一
配偶者と子ども 二分の一
配偶者と直系尊属 配偶者 三分の一
直系尊属 六分の一
直系尊属のみ 三分の一

3、遺留分減殺請求

遺留分が認められる場合でも、何もせずに認められる訳では無く、「遺留分減殺請求」を行う必要があります。これについては、次のページでご説明します。


 

遺留分についてはこちらもご覧下さい

●遺留分 ●遺留分減殺請求
●遺留分減殺請求をされた場合  

相続についてお知りになりたい方はこちらもご覧下さい

●相続でお困りの方へ ●当事務所の相続分野の特徴
●弁護士と他士業の違い ●遺産分割とは
●遺留分 ●特別受益と寄与分
●相続放棄  

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop5.jpg

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用