相続調査について

執務03.jpg  

遺産分割協議を行うには、まず、相続人と相続財産の調査を行う必要があります。これは、相続人と相続財産の内容が、遺産分割のそもそもの大前提だからです。


相続人が確定しないと法定相続分の計算ができませんし、遺産分割後に新たな財産が見つかるとその帰属に問題が生じます。そのような場合、遺産分割協議をやり直さなければならないこともあります。

従って、まずは、正確に、相続人と相続財産を確定させる必要があるのです。
 
・  父(又は母)が異なる兄弟がいる。
・  被相続人には子どもがいない。
・  被相続人の財産がどれくらいあるかわからない。
・  不動産や株式をどう評価すればよいのかわからない。

 
このような場合、①相続人の調査と、②相続財産の調査を行います。
①相続人の調査では、戸籍を取得して、相続関係図を作成し、相続人を確定します。
②相続財産の調査では、被相続人名義の財産を調査し、土地や株などの金銭以外の財産については金銭に評価し、財産目録を作成します。


この調査を行うことにより、ようやく各相続人の相続分が判明します。
 
いずれにしても、面倒な手続ですので、調査が必要な場合には一度弁護士に相談することをお勧めします。
 

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop5.jpg

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用