• HOME
  • 遺産分割とは

遺産分割とは

DSC_0001 (11).jpg  

そもそも、遺産分割とは何でしょうか。


被相続人が亡くなると、被相続人の遺産は、各相続人が法定相続分に応じて「共有」することになります。例えば、母が既に亡くなっていて、今回父が亡くなっ た、子は二人いる、という場合に、父が車を二台持っていたとします。


この場合、相続分は二分の一ずつですから、父が持っていた車二台のそれぞれを、各自が 二分の一ずつ共有することになります。しかしこれでは不便なので、どちらの相続人がどちらの車を単独所有にするかを決めるのが、遺産分割です。


車でなくても、土地や建物は、遺産分割協議が成立するまでは、原則として被相続人が法定相続分に応じて「共有」していることになります(ただし預貯金は、判例上、共有でないとされます)。「共有」の状態の遺産を、どの相続人が単独所有するのかを決めるのが、「遺産分割」だと言えるでしょう。

遺産分割についてはこちらもご覧下さい

●遺産分割とは ●遺産分割における争い
●遺産分割の流れ(遺言がある場合) ●遺産分割の流れ(遺言がある場合)
●遺産分割協議 ●遺産分割調停
●遺産分割審判 ●訴訟

相続についてお知りになりたい方はこちらもご覧下さい

●相続でお困りの方へ ●当事務所の相続分野の特徴
●弁護士と他士業の違い ●遺産分割とは
●遺留分 ●特別受益と寄与分
●相続放棄  

親切丁寧にご対応致します。お気軽にご相談下さい。

ImgTop5.jpg

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●アクセス ●弁護士費用